オール電化のメリット

- 人気の高まっているオール電化について

人気の高まっているオール電化について


最近、テレビや新聞などさまざまなマスメディアからオール電化という言葉が私たちの頭の中に入ってきます。
二酸化炭素の排出量が抑えられるといったエコロジーな点や、火を使わないという安全面、深夜電力の利用によるランニングコストの削減といった経済面など、さまざまなメリットが大きな関心となっています。
ここで、そんな人気の高まっているオール電化について改めてお話ししましょう。

オール電化とは、家庭内で使う給湯や調理、冷暖房など使用するエネルギー全てを電気で賄うことをいいます。
関西電力でも、サイト内でオール電化を特集して紹介したり、電話での質問・相談を受け付けたりして普及に努めています。

関西電力のサイトでは、たとえばキッチンではガスコンロからIHクッキングヒーターに、給湯ではガス給湯器からエコキュートへ、暖房なら灯油ストーブなどからエアコンへなど、他のエネルギーから電気への切り替えについて説明しています。

その中の一つ、IHクッキングヒーターの特徴についてご紹介しましょう。
IHクッキングヒーターは、オール電化住宅にしなくても取り入れたいと言う希望があるほどの人気のシステムです。
IHクッキングヒーターの仕組みは電気と磁力線の力で発熱させるものです。
鍋底に直接熱源を接地させるので熱が無駄なく鍋に伝わり、また火力はレバーなどで調整が容易で強いので調理が手早くできます。
IHクッキングヒーターは火力が弱いから中華料理などの炒め物には不向きなのでは、と思っている方も多いようですが全くの誤解なのです。

直接火を使うことがないので、火災などの事故が起こる心配がいりません。
もちろん危険性が全くないわけではありませんが、極めて低いといえるでしょう。
またガスコンロの五徳の掃除で苦労したという方も多いと思いますが、調理面がフラットなので汚れてもさっと一拭き、掃除が簡単というのも忙しい主婦には嬉しいですね。

IHクッキングヒーターは一つの例として、オール電化にはいろいろな魅力ある点がたくさんあります。
関西電力のホームページなどを参考に、オール電化について考えてみるのはいかがでしょう。
もちろん、オール電化がベストというわけではありませんが、自分のライフスタイルに合ったエネルギーは何なのか、今一度考えるきっかけになればと思います。

オール電化エコキュート導入補助金制度


環境に配慮し、経済的にも優れたこれからのエネルギー源として人気の高まっている適性価格で導入 太陽光発電 比較サイト
その太陽光発電システムを含めたオール電化導入に対して、補助金制度が平成19年度から平成22年度まで実施されていました。
この制度は、残念ながらもう既に終了してしまい復活する予定はないようですが、ここでその内容を改めて見てみることにしましょう。

オール電化エコキュート導入補助金制度は、国から補助金として4万円が交付されました。
関西電力エリアでも実施され、エコキュートという名前の二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器を住宅や建築物に購入し、設置、使用を予定している方が対象となっていました。

補助金の申請にあたってはいくつかの条件が必要でした。
例えば、いつでも申請ができるわけではなく、家庭用は年に4回、業務用は年に3回の募集期間があり、なおかつ申請は設置予定日の10日前までに終了させなければなりませんでした。
従って、設置工事がどの期間に相当するのか調整が必要ですし、工事期間が決定しないと申請はできません。
さらに設置日より窓口の受理日が遅くなると受理してもらえないこともあるなど、けっこうややこしく、面倒な制度ではありました。
けれども、4万円の補助金は大変魅力的だったのでしょう。
関西電力エリアの方に限らず、全国でこの制度を利用してたくさんの方がオール電化住宅に変更しました。
あなたの周りでも、この時期オール電化のご家庭が増えたのではありませんか。

現在は補助金制度は打ち切られていますし、復活する予定も見込めません。
補助金制度が終了した理由の一つに、エコキュートの普及の伸展が挙げられます。
出荷台数が2001年にはわずか3000台だったエコキュート、補助金の始まった平成19年に124万台、そして21年には200万台の大台へと急激な伸びを見せています。
しかし、地球温暖化や環境の保全について考えると、もっとオール電化は浸透してほしいものです。
補助金が多くの導入を生み出した実績があるのですから、制度が復活すればいっそうの普及が進むのは間違いないでしょう。
改めて、補助金制度の復活を願いたいものですね。

http://www.seikatsu-do.com/ecocute/index.php
住宅設備の超特価専門店 生活堂